HOME>トピックス>社員の働きやすさや業務の効率化にもつながります

目次

業種により最適なものは変わります

職場環境は働く人にとって大事で、オフィスレイアウトは働きやすさの観点からとても重要なものになります。オフィスレイアウトは業種によって最適なものがあり、流行のものを取り入れたからといって必ず効果が出るものではないです。外資系やサポートセンターに多いレイアウトがデスクの間と間をパーテーションで区切ったもので、誰も視界に入らない特徴があります。パーテーションで区切ることで仕事に集中しやすい環境ができますし、電話対応も他の人の声が聞こえにくい特徴があります。近年IT系で多いレイアウトで大きい長机を置いて、自由に座ることが出来る開放的なオフィスレイアウトにするのが増えてきています。自分の席を決めることなく仕事ができると同時に、他部署との交流もできて、新しい仕事に繋がるメリットがあります。

エントランスも大事

社員の働くスペースだけがオフィスレイアウトとして大事ではなく、お客様が目に触れるエントランスも大事になります。お客様としては一番最初に見るスペースで、ここで会社に対する印象が決まってしまいます。植物を配置したり広いスペースにするオフィスレイアウトが最近の主流になっています。

広い動線の確保

オフィスレイアウトの基本は効率よく業務ができる動線が確保されていることです。そこで通路の幅を広めに設定することが増えてきています。動線を確保するためにコピー機や配線のレイアウトも、オフィスレイアウトを決めるときに重要な要素になります。先にコピー機や動線の幅を決めてからオフィスレイアウトを決める方法が増えてきています。

広告募集中